気軽に絵を描ける水彩色鉛筆

最近になって、何か趣味を始めてみたいと思い「何がいいかな~」と考えていました。
子どもの頃は絵を描くのが大好きで、学校から帰ったらいつも机に向かってお絵かき帳に毎日絵を描いていました。
絵といっても、ボールペンで描いたほとんど落書きみたいなものなのですが笑
それで子どもの頃を思い出してみて、また何か描きたくなったので、最近流行っている「大人の塗り絵」というものを始めてみることにしました。
使用する画材は水彩鉛筆です。
水彩色鉛筆というのは、描いてからあとで水をふくんだ筆でなぞると、まるで水彩のような風合いがだせる色鉛筆です。
慣れるまでけっこう難しいのですが、慣れてコツをつかむとだんだんとうまく描けるようになっていきます。
水彩色鉛筆のなによりいい点は、描きたいと思ったときに、いつでもさっとテーブルに出して描けるということです。
これなら、テレビを見ている合い間などでも気軽に描けます。
後片付けも楽だし、忙しい人などにもほんとうにおすすめの画材です。
もちろん水をつけなければ、普通の色鉛筆として描くこともできます。
ロウの入っている油性の色鉛筆と比べると、水性の色鉛筆は仕上がりはサラッとしている感じがします。