ある日の休日

3週間前に日曜出勤した振替休日を先日過ごしました。ゆっくり寝て起きた時には皆学校や勤めに出かけて誰もいませんでした。



朝職を兼ねた昼食、何を食べようかと思いましたが、味噌汁と白いご飯は炊けてあったのでおかずを考えました。



冷蔵庫にあるもので適当に食べようかと思いましたが、贅沢にも鰻が食べたくなってスーパーに買いに行きました。



鰻大、うまいことにちょうど値引きになって1500円。少々痛いですが思い切って買いました。



2等分してレンジにかけて温め直しました。ご飯をどんぶりに少しよそって、その上に鰻を乗せたれと山椒を掛けて、その上にご飯を乗せてまたその上に鰻を乗せて2段重ねとしました。



旨かったです。量が多いかなと思いましたが楽に食べられました。その後に淹れて飲んだお茶も美味かった。満ち足りたお昼でした。



さて午後からは映画を見に行くと決めていました。棋士村山聖を主人公にした「聖の青春」。封切りになるのを楽しみにしていました。



大崎善生さんの著「聖の青春」を読んで、村山聖という一人の棋士の生きざまに感銘を受けていたので、是非映画も観てみたかったのです。



劇場で映画を観るのは何年振りか?いつ観たか思い出せないくらいです。映画は役作りに腐心した村山役の松山ケンイチさん、羽生さん役の東出さんの熱演で良い映画に出来ていました。



良い休日を過ごしたので明日からまた頑張ります。