看護師という仕事の魅力

看護師という仕事は、多くの魅力にあふれている職業です。この点、看護師という仕事について、世間一般的には、いまだに、あくまで医師のサポート役、補助者として理解されています。しかし、看護師という職業の本質は、単に医師を補助する役割ではなく、医師と協働して、患者に対して真摯に向き合っていく、という意味で、一般の方々が思っているよりも責任の重い職業です。

看護師は、医師法などの法律の規制があることから、手術などの医療行為はできません。しかし、看護師は、医療におけるあらゆる業務をこなすことができることから、取り組み方次第では、極めて業務範囲の広い仕事です。それゆえ、看護師は常に人手不足の状況にあり、総合病院やクリニックなど、特に都心部の多くの病院では、看護師確保のために大量の広告を打って求人をしています。

看護師という仕事の魅力は、その待遇の良さにもあります。比較的待遇の良い病院であれば、20代であっても年収500万円を超えるような求人も多くあります。また、看護師としてのキャリアを重ねていけば、必然的に年収も増えていきます。

ただし、待遇が良くなれば、任される仕事や責任も増えるため、いいことばかりではありません。それでも、仕事にやりがいを感じられない一般的なサラリーマンなどに比べると、看護師は比較的恵まれた職業だといえるでしょう。