読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師の勤務時間と夜勤について

看護師の勤務時間は、夜勤があるかないかで大きく変わります。
患者が病院にはいるので基本的に夜勤という仕事は避けては通らない所です。

夜勤のないシフトの場合は午前8時から午後5時までが一般的な勤務です。
勤務先の病院などによって前後する恐れはあります。

特徴的なのは夜勤で、夜勤には3交代制と2交代制が存在します。

3交代制は1日を3つに分けて時間を計算します。2交代制は2つに分けてですが、
夜の仕事としては何かあった時の勤務という位置づけが多く、
ナースコールや救急車の受け入れがなければ仮眠する事が出来ます。

1日の勤務時間は長くなってしまうのが特徴です。
どちらにせよ不規則な生活習慣になってしまい生活リズムが狂ってしまうのが夜勤の仕事です。

24時間看護が必要とする病院では仕方のない事です。

夜勤を行う上では、休日とのバランスや規則的な夜勤の配置などを考えながら行う事が肝要です。

最近では看護師の過労死が問題になっているほど、シフトの体制は厳しいのが現実です。

一般的には看護師としての仕事がいかに激務という事が広く知れ渡ってきています。

自分の体調管理をしっかり行い、夜勤や勤務表と向き合いながら楽しみを見つけて看護師の仕事を行う事が大事です。