読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護師不足を危惧しています

看護師と言えば、医療機関にとって欠かせない人材であると言えます。

ですがこれからは、他の分野でも欠かせない人材となる見込みです。

高齢化社会が進み、次々と老人ホームなどの福祉施設が増加しています。

福祉施設では介護などをする職員も重要ですが、お年寄りの健康状態を管理する為の看護師も必要不可欠な存在であると言えます。

お年寄りは健康状態が急変する事が多いですから、お年寄りが生活する福祉施設には看護師を常駐させるのが理想です。

そうなると次々と作られる福祉施設に、看護師が置かれる事に成ります。

現在看護師の数が十分いるのならば、福祉施設に看護師が置かれるようになっても問題はありません。

ですが医療機関ですら看護師不足が叫ばれているのに、今後福祉施設に看護師が置かれる様になったら、医療機関の看護師がますます不足するのではないかと懸念してしまいます。

医療機関の看護師が不足するようになれば、患者の治療に影響が出るようになります。

そうなれば私たちは、安心して医療機関を受診できない事になってしまうかもしれません。

医療機関に安心して受診できないようになってしまったら、私たちの健康が損なわれる事になってしまいます。

それでは安心して生活が出来なくなってしまいますから、将来看護師不足が起こらないように、今から対策を打つべきだと思います。