読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院の看護師について感じたこと

私には持病があり何度か入院を経験しました。退院後も2ヶ月に1回は外来を受診しています。看護師の仕事は病棟と外来では大きく異なるように感じました。

病棟は師長以外はほとんどが若い人です。夜勤があるので結婚をして子供が小さいと働くことが難しいのが要因の一つのようです。私が入院した病棟も全員が独身でした。そして男性看護師の活躍も目立ちます。男性の患者にとっては、女性より男性の方が相談しやすいこともあるので貴重な存在でもあります。

一方外来は若い人は少なく30代から40代が活躍しています。全員がそうではありませんが、以前は病棟に勤務をしていた人が多いように感じます。そして意外なのは私が通院している大学病院では、外来で男性看護師を見たことがありません。たまたまかもしれませんが、何か理由があるのか疑問に思いました。また男性は若い人ばかりで40代以降の人もいないように感じます。

病棟と外来に共通して感じたのは人手不足で大変そうということです。どちらが大変かは患者の私には分かりませんが、忙しい中でも丁寧な対応をしてくれたことに感謝しています。どちらとも非常にやりがいがある仕事だと思います。給料はそれなりに良いようですが、勤務内容と見合った金額かは疑問です。誰にでもできる仕事ではありませんが、多くの人が看護師を目指し人材不足を解消してほしいものです。