駄菓子屋さんって今どこに

昔、私が子供の頃には通学路や家の近くに必ずあった「駄菓子屋さん」今もあるんでしょうか?大人になってから、地域に一軒だけあった駄菓子屋さんに行っていましたが、そのお店ももうないんです。
ガチャポンがあったり、パチンコ台があったり、テーブルゲームがあったり、ラムネを売っていたり、くじみたいに引くアメ、はかり売りの金平糖、きな粉の棒、お好み焼きが100円だったり習い事の帰り道に買い食いしたりしてました。
懐かしいです。お店には決まっておじいちゃんおばあちゃんがいて、壊れたおもちゃを直してくれたり、一緒に遊び方教えてくれたり。
そう、昔ってそんな駄菓子屋さんのおじいちゃんおばあちゃんや通学路沿いのおじいちゃんおばあちゃんによく声をかけられてたんです。
宿題やるんだよー。とか歩きながら食べたらダメよーとか。スイカ食べて行きなさいとか。近所が全部見守ってくれてた感じがします。
誰かが泣いていれば外に出て来て見てくれたし、擦り傷の手当してくれたり、喧嘩の仲裁をしてくれたり、必要なら学校や家にも連絡してくれた。そんなコミュニティって今もあるんでしょうか?
今、駄菓子はスーパーやコンビニで買う時代。
駄菓子好きとしては恥ずかしい気持ちをこらえて買いますけど、本当なら駄菓子屋さんで買いたいです。