朝ご飯は習慣化される

同僚に「朝ご飯、何食べた?」と聞いたら、「うちはいつもパン」と教えてくれました。
他の人は「うちはご飯派」とのこと。
そう、朝ご飯は色々なものを食べる昼食や夕食と違って家族ごとに習慣化されているようです。
我が家はそれぞれが気分で好きなものを食べるスタイルなので、このパターンには当てはまりません。
炊立てご飯があるし、パンも冷凍されているし、シリアルも、焼けば食べられるモチもあります。
なるほど、一家の主婦は全員分の朝ご飯を担っているのですね。
それはきっと朝ご飯を作る気のない稼ぎ頭である父親。
家族の面倒を一手に引き受ける母親。
準備をしてもらった食事をありがたく食べる子供。
そんな家族構成だからなのでしょう。
一方の我が家は、全てのんきな大人で構成されています。
だから好きな時間に起きてきて、好きなものを食べるスタイル。
たまに一緒にコーヒーのお湯を沸かしてあげるといったことはしてあげることもあります。
デザートに頂きものの果物をお茶を飲みながら一緒に食べることも。
でも食事のメニューはまちまち。
それが我が家の朝ご飯シーン。
そういえば、子供の頃には起きてくると母親が必ずキッチンに立って、作ってくれていた記憶があります。
ま、今はみんなが大人ですからね。
これからも自由にしようと思います。