間もなく受験シーズン

秋から冬に移ろうとしている頃、焦りを覚えながら日々を過ごしている人がいる。
高校や大学受験を控え、いやがうえにも勉強しなくてはいけない立場にある中学、高校3年生達だ。
10代から遥かに遠ざかってしまった私でも受験の記憶は、残っている。
周りの同級生達も必死の表情を浮かべ、学校の補習や塾の授業を受けていたものだ。
昨今の受験事情については、あまり知らない。
町を歩いている彼らは、いつでもスマホばかり見ている。
受験が控えている人は大丈夫なのだろうか。
大丈夫でない人もいるだろうが、そうでない人もいる。
スマホのアプリを使えば、受験に使えることができるものをダウンロードできる。
通学の待ち時間や電車、バスに乗っている時といったすき間時間を活用すれば、アプリで勉強できる。
動画サイトを使えば、1対1で授業を受けている感覚で有名講師の授業が繰り返して受けられる。
隔世の感というが、本当にそうだなと感じてしまう。
しかし、変わらないものもある。
彼らや彼らを取り巻く大人の精神的なプレッシャーである。
やはり、否定的な思いが頭を過ぎってしまうものだ。
関門に尻込みし、逃げてしまいたくなる。
逃げてしまっても、その時はいいだろう。
しかし、後悔しても、過去はこない。
今に全力投球するよう願ってやまない。